News

米津玄師の楽曲を音楽制作者の観点で解説していく#3

おはようございます。

楽曲、解説解剖シリーズ #3 米津玄師

「Flamingo」

公式でYoutube配信されていますので聞いてみよう!

米津玄師は日本的な音階のメロディラインが多いんですが、この曲はもろに日本的ですよね。
いわゆる、マイナーペンタトニックスケールでAメロは構成されています。

意図的にペンタトニックなのか、作ってたらそうなったのかわかりませんが、米津玄師のメロディラインはペンタトニックになってることが多いですね。

この曲に関してはグルーヴミュージックなので
コード展開がどうとか野暮な感じがするのでスルーします!

結構、ヒップホップ調なんだけど、
歌詞が面白い。


宵闇に 爪弾き 悲しみに 雨曝し 花曇り
枯れたまち にべもなし 侘しげに 鼻垂らし ヘラヘラり 笑えない このチンケな泥試合 唐紅の髪飾り あらましき 恋敵 触りたいベルベットのまなじりに うすらはざむい笑みに

ニコニコ動画のノリをそのまま持ってきている感じの歌詞だけど、AメロBメロは譜割終わりの歌詞の子音が 「い」 で統一されている。

中田ヤスタカもたまにこういう手法とってるんですが、これ結構、中毒性高くなる要素のひとつなんだと思います。

音楽家的には歌詞の内容も大事ですが、メロディに対して言葉がハマってるのか。っていうのがかなり大事になっています。
というのも言葉のチョイスでリズムのニュアンスが全然違ってくるので。

そして歌い方はクセがあってコブシをいれたり、あえてファルセットになったり。

歌心が素晴らしい。

AメロBメロは若干、レトロな感じでもってきて、サビは現代風にもってきてますね。

ふらふらふらフラミンゴ とか絶対的に口ずさみたいフレーズですよね。
ずるい!!!
AメロとBメロの歌詞が難しいぶん、サビは強烈にインパクトがあるし、急に聞き慣れた単語なので脳が認知しやすいのだと思います。

リズムの構成はベースとドラムとカットギターとボイス素材で構成されています。

ボイス素材がこの曲のキーなんですかね?
結構、大胆にリズムに組み込んできてます。
ヒューマンビートボックスのごとく、突っ込んできます。
遊び心がいい感じに出てますし、グルーヴも出してます。

しばらく、フラミンゴを口ずさみながら生活していきたいと思います!

(音)エゾノデンゲン 花田