News

米津玄師の楽曲を音楽制作者の観点で解説していく#7

おはようございます。

楽曲、解説解剖シリーズ #7 米津玄師

「アイネクライネ」

公式でYoutube配信されていますので聞いてみよう!

東京メトロ 【CM】Find my Tokyo. 堀北真希 「私を見つけた表参道」篇

アイネクライネ解説やっていきます!

Aメロから!

G♭ D♭ | A♭ B♭m |
G♭ D♭ | F7 Adim B♭m |

G♭ D♭ | A♭ B♭m |
G♭ D♭ | F7 Adim B♭m |
G♭ D♭ | A♭ G♭ |

2回し目の最後だけ

※G♭ D♭ | A♭ D♭ |

4156と進行していきますが、
面白いのは  F7 Adim B♭m  この流れ、
ここのF7はめちゃくちゃいい仕事してます。
F7 Adim B♭m と進行することで転調感があります。F7はこの曲ではキーがD♭なのでIII7になりますが、III7を使う場合はVImにいくことがほとんど。猛烈にVImに帰りたくなる。

コード進行的にも印象的だけど、オケのアレンジがいい!
1本のギターはスライドダウンしていってて、もう1本はリバースからスッと入ってくる。
これは素晴らしいアレンジですよね〜。
めちゃくちゃ気持ちがいいし、浮遊感がたまらない。

マネしたいです!

Bメロ

E♭m Fm | G♭ A♭|
E♭m Fm | G♭ A♭D♭|

E♭m Fm | G♭ A♭|
G♭ D♭|A♭G♭ |

ここは8分刻みのギターと上昇していくベースラインで若干の疾走感をだしてます。
BメロらしいBメロ!サビへのつなぎ役に徹している

サビ
B♭m E♭m | G♭ A♭D♭|
B♭m E♭m | G♭ A♭D♭|

B♭m E♭m | G♭ A♭D♭|
F7  B♭m | G♭ A♭D♭|
F7  B♭m | G♭ A♭D♭|

サビも印象的なのはやはり F7
そもそも、BメロのG♭ からサビ頭のB♭mで若干の転調感があるんですが、ここでもF7を混ぜることでここにも転調感がある。
前述したとおり、III7のF7使うことでVImにいくことになる。

おそらくこの曲を歌う人は F7が入ってる場所のメロディ部分が一番歌っていて気持ちがいいと思います!

所々で転調感があって飽きない工夫がされている。

楽曲、徹底解剖シリーズ 米津玄師

パプリカ
http://ezonodengen.com/news/paprika/

メトロノーム
http://ezonodengen.com/news/metronome/

orion
http://ezonodengen.com/news/orion/

Flamingo
http://ezonodengen.com/news/flamingo/

海の幽霊
http://ezonodengen.com/news/uminoyurei/

打上花火
http://ezonodengen.com/news/utiagehanabi/

(音)エゾノデンゲン 花田